ZERO23のコーナー 通称「店なぞ」には載っていないお話。


by misenazo

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5月号でのご紹介店舗。
続きましては旅篭町にある
「山形もち処 餅の星野屋」です。

餅屋さんだけあって、大福もおだんごも
やはり生地の美味しさはピカイチ。

特に、「丹波黒豆大福」(140円)は
大福好きにはぜひとも!食べていただきたい逸品です。


a0248710_12821100.jpg



まずパクッとかぶりつくと
お餅のムニッと厚みのある食感にハッ!となります。

「大福」って、
餅というよりも求肥に近い生地のタイプもありますよね。

なので、生地自体の歯ごたえって
それほど意識して食べることはないのですが・・・


これは違いました。

餅の、ムッチリとした歯ごたえがスバラシイ。

さすがお餅屋さんの大福!
と、しょっぱなから感動しました。


さらに、こちら、構造がちょっと珍しくて。

中には北海道産小豆の自家製粒あんと
大粒の丹波の黒豆の二種類が入っています。


a0248710_12202192.jpg



手間をかけて作られた感のある自家製粒あんは
噛みしめるほどに小豆の風味が感じられます。

甘さもちょうどいい感じ。

餅の生地と合わさったときの
バランスを考えて作っていらっしゃるのが、よくわかります。


粒あんだけだとちょっと淡白な感じですが、
そこに黒豆のねっちりとした食感と
コクのある旨みが加わると
味わいに深みが出てくるんです。

対照的な二つを組み合わせるって
素敵なアイデアだわー。


モッチモッチの餅生地と
粒あん&黒豆の贅沢なコラボレーション、最高です。


餅好き、大福好き、あんこ好きな方への差し入れにしたら
きっと喜ばれると思います。


ちなみに、お餅なので翌日は固くなってしまいます。
ぜひ「本日中」にお召し上がりください!

必ず、「本日中」にお召し上がりくださいネ!!(大事なので二回言った)




山形もち処 餅の星野屋
山形市旅篭町1-3-8
023-622-2563
営業時間 9:00~18:00(売切しだい閉店の場合あり)
定休日 日曜日
駐車場 あり
[PR]
by misenazo | 2014-04-30 22:56 | テイクアウト

山形市「岩淵茶舗」

現在発売中のZERO23 5月号、ご覧になりました?

長いタイトルですけど、つまりは街歩き特集ということで。

ライターSも、
「sweetsめぐりin七日町」をやらせていただきました。


昔から知っているお店を巡ったわけですが
今回は“興味新聞”なだけに、
「すっごい気になるんですけど!」なメニューを中心に
セレクトしました。


ネーミングや誕生のいきさつ、人気のヒケツetc・・・
各店でお話をうかがい、実際に味わって、
「あーなるほど、こういうことデスネ!」と納得。


せっかくですから、
少しづつご紹介していきたいと思います。


まずは、一番衝撃的だった
「岩淵茶舗」の「抹茶かけアイスクリーム」(702円)。


a0248710_12145499.jpg



お店自慢の京都・宇治の抹茶を使った
面白い味覚が楽しめるアイスクリームです。


アイスクリームに熱々のコーヒーをかける
「アフォガード」ってありますよね?
その、冷たい抹茶バージョンのようなイメージかな。


でもこちらの場合、
抹茶は普通の抹茶よりも更に濃い
“濃い茶”用の抹茶をかけています。
(濃い茶の場合、抹茶を「点てる」ではなく「練る」というくらい、濃い)

なので、味も風味も通常の抹茶以上にしっかりめ。


高級バニラアイスクリーム(高級なだけに濃厚です!)は
しつこいくらいに濃密〜な味わいなのですが、
この抹茶ソースが合わさった瞬間
不思議なことに
急に、スッキリとした味わいに。
味がピシッ!と締まるんです。


締めるどころか、
バニラアイスの存在を消す勢いで
抹茶が自分の存在を主張してきました。(笑)


乳脂肪分の高いバニラアイスが甘くて濃厚な分、
抹茶ソースの渋さがより引き立ちます。

このコントラストが、ミョ〜に楽しい・・・☆

普通の抹茶のアイスクリームでは
この感覚は味わえません。


誕生のストーリーは誌面で書いていますので
気になった方はぜひご覧ください。


そして、お店で実際に味わってみてくださーい♪




岩淵茶舗
山形市七日町2-7-6
023-623-0140
営業時間 9:30~19:00
定休日 不定休
[PR]
by misenazo | 2014-04-28 22:38 | イートイン