ZERO23のコーナー 通称「店なぞ」には載っていないお話。


by misenazo

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「新宿高野」

またまた有名どころのお菓子ネタです。

「新宿高野」といえば、
誰もが知る老舗のフルーツパーラー。
デパ地下ではおなじみのお店です。
ショーケースには彩り豊かなフルーツのケーキがズラリと並んでいて。
買わないのに(!)、つい足を止めて見入ってしまいます・・・。
(なにせお高いので、何かの時にしか買えません。。)

そんな豪華なフルーツケーキのイメージが強い「新宿高野」ですが、
見た目がと〜っても地味な「ブランデーケーキ」が
なんとも衝撃的なイッピンだったのです。

家族が知人からいただいたこちらの「ブランデーケーキ」。
ミニサイズバージョンで
フレーバーは「チョコレート」と「紅茶」でした。

で、何が衝撃的だったかというと、
“本気のブランデーケーキ”だったところ。
「ブランデーにケーキが浸かっているんじゃないか?」というくらい
ブランデーがメインのケーキなのです。

フォークを入れた時点でジュワッとお酒が溢れてくるような感じで、
「なにこれっ!!(喜)」と
しょっぱなからテンションアップでした。
食べてみるとやはり、
ブランデーを口に含んでケーキを口にした、くらい
アルコールの存在感があります。(特に紅茶の方が強く感じます)

お酒とケーキ生地の一体感はさすがでした。
アルコールと生地の風味(チョコ、紅茶)が見事に調和するのです。

まさに、大人のケーキですね。

ただ、お酒好きのライターSは大感激だったのですが、
ブランデーが苦手な家族は
残念ながらひとくちでギブでした。
お酒が飲めない方&子どもはたぶんムリだと思われます・・・。

今までいろんなブランデーケーキを口にしましたが
ここまでがっつりとアルコールの利いたケーキは、初めてです。

山形で入手するとしたら、
「新宿高野」の注文専用TEL/FAXがありましたのでそちらへ。

お酒好きな人(男女問わず)に贈るお菓子としては
最高なんじゃないかと思います☆(衝撃もスゴイはず)

a0248710_1285100.jpg



新宿高野
http://takano.jp/
0120-15-8818-8807(注文受付TEL)
[PR]
by misenazo | 2013-12-18 23:10 | 菓子

「横濱フランセ」

「よく見かけるけど、そういえば食べたことないなあ」
っていうお菓子が結構あります。

特に量産のお菓子だと、アタリ、ハズレもあるだろうし
気軽に手が出せなかったりして。

私の場合、
全国展開している老舗「横濱フランセ」の「ミルフィユ」がそれでした。

都内のデパ地下や東京駅などでよく目にしてはいたのです。
が、なかなか手に取るまでには・・・。


それが先日、たまたまいただく機会がありまして。
ひとくち食べて
今まで買わなかったことを後悔しました!

ロングセラーの理由がわかります、これは。

サクサクッとしたパイ生地、
風味のいいクリーム、
そして、濃厚なチョコレート(くちどけもいい!!)。
それらのハーモニーがまた絶妙なんです。

クリームとコーティングするチョコレートの組み合わせで
「チョコレートクリーム×スイートチョコ」のショコラ、
「ヘーゼルナッツクリーム×ホワイトチョコ」のジャンドゥーヤ、
「キャラメル×ミルクチョコ」のキャラメル
と3つの味があります。


で、調べたところ、
山形では大沼本店の地下食品売り場に
ショップがありました。(意外と身近なところにあったのね。。)

ひとくちサイズで食べやすく
味わいも、とても上品。

手みやげに、オススメですよ。

a0248710_12502074.jpg


a0248710_12554591.jpg



横濱フランセ
http://www.francais.co.jp/index.htm
[PR]
by misenazo | 2013-12-15 22:45 | 菓子
帰京の際、自分みやげ(おやつ)として
購入するのが定番になっているお菓子があります。
「杵屋本店」の「出羽の夕月」です。


ソフトクッキー生地で
スライスのバウムクーヘンとクリームをサンドした
ちょっとおもしろい構造。
よくこんな組み合わせを思いついたなー。

サックリというかしっとりというか
独特の食感も、好きです。


「チョコクリーム」(赤いパッケージ)と
「バニラクリーム」(紫パッケージ)がありますが、
私は洋酒の風味がより感じられる「チョコ」の方が好み。

包装が和菓子風なので
パッと見、勘違いしてしまいそうですが
洋菓子ですよ。

今回、久しぶりに口にしましたが
やっぱりおいしー♪

作業疲れが一気に吹き飛びます。


a0248710_13263585.jpg



杵屋本店(店舗は県内に多数あり)
上山市弁天2-3-12(本社)
023-673-5444(代表)
営業時間 9:00〜19:00(※店舗により異なります)
定休日 年中無休
HP http://www.kineya.co.jp/
[PR]
by misenazo | 2013-12-11 21:53
クラシックな佇まいのお菓子にとても魅力を感じます。

天童市「アマンデンパティスリー」の
「花丸シュー」(250円)は、まさにそのタイプ。

円形型で、中央には真っ赤なイチゴ。
王冠を思わせるような風貌で、
シンプルながらもその存在感は抜群です!

さて、どういうお菓子なのかというと・・・
シュークリームではあるのですが、
固めに焼き上げられたシュー生地がポイントで
フランス菓子「パリブレスト」のようなイメージ?

シュー生地の間には
カスタードクリームと生クリームを合わせた特製クリームと、
生クリームが挟んであります。

固めに焼き上げた香ばしいシュー生地と、
濃厚ながらも後味サッパリのクリームのコラボレーションは
安心感のある味わいで・・・
結構大きいサイズ(+クリームたっぷり)なのですが
甘党さんなら、ペロリといけそう。

「花丸シュー」なだけに、
誰かを褒めてあげたい時や嬉しいことがあった時に
登場させるのもいいですね。


a0248710_14205042.jpg



アマンデンパティスリー
天童市一日町1-1-18
023-653-2140
営業時間 9:30~19:00
定休日 水曜日
HP http://www10.plala.or.jp/amanden/
[PR]
by misenazo | 2013-12-06 22:04 | 菓子
Zero23 12月号に掲載の
「中南米・エスニック雑貨 ZAPOTECO(サポテコ)」。

メキシコ、中南米を中心とした雑貨・アクセサリーの他、
よそではあまり見かけないようなユニークなアイテムも
豊富に揃っていて、
ハマる人はかなりハマると思います。

珍しいモノ好きの私にとっては
このお店自体が宝箱のよう。

「お宝発掘!」みたいな気分で
あちらこちらを見せていただきました♪


なかでも、あまりの可愛らしさに
思わず手に取ってしまったのが、「カピスBOX」です。
これは、フィリピンのカピス州で獲れる
カピス貝で作られているものなのだそう。

独特の艶感があり、光が当たるとキラキラと輝きます。
とにかく、キレイ・・・!


というわけで・・・
取材終了と同時に、即購入を(!)。

いろんなデザインがあって
かな〜り迷いましたが、
グリーンとピンクの色がアクセントになった
お花模様をゲットしました。


現在、手持ちのアクセサリーを収納していますが
これって、ギフトにもよさそうです。


クリスマスシーズンですし、

蓋を開けたら中には・・・!

みたいなサプライズを仕掛けたら、
ちょっとステキだと思いませんか?


a0248710_15442644.jpg



a0248710_15451535.jpg
※中身は私物です



中南米・エスニック雑貨 ZAPOTECO(サポテコ)
山形市青田2-8-2
023-664-2629
営業時間 11:00〜20:00(冬期は開店12:00に変更予定)
定休日 不定休
HP http://www.zapoteco.jp/
[PR]
by misenazo | 2013-12-01 22:06 | その他