ZERO23のコーナー 通称「店なぞ」には載っていないお話。


by misenazo

<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

山形市「佐藤屋」

突然ですが、粒あんが好きです。

同じあんこでもこしあんはダメなのですが
粒あんは好きなんですよね・・・。

きんつばとか
粒あんそのものみたいな甘味は
ついつい買ってしまいます。

和菓子屋さんの場合
ちゃんとしたお店なら、自家製のあんこです。
だから「粒あん」と言っても
店ごとに固さや甘さなど違いが出るもの。
それが店の特徴にもなるわけです。

そんな粒あん好きの私が気に入っているのが
山形の老舗「乃し梅本舗 佐藤屋」の「五十七万石」という最中です。

これ、面白いんですよ。

皮とあんこが別々に包装されていて
食べる時に、自分で皮にあんこを挟んでいただくというスタイル。

まず驚くのは
皮のパリパリッとした食感とその香ばしさです。
ウエハースのような感じ。

そして、あんこが美味!

柔らか過ぎず、小豆の食感が楽しめる粒あんで
甘さは結構控えめ。

小豆の風味や質感がわかるくらい、ほんとに繊細な粒あん。
ここまで小豆の原型を留めていられるって
きっとすごく丁寧に炊いているんだろうと思います。


これまで最中っていうと
しなった皮とひたすら甘いあんこというイメージだったのですが
大きく覆されました。
人に教えたくなるくらい衝撃的な最中ですよ。

私の場合
「じっくり粒あんの美味しさを味わいたい〜」という時は
コレに限ると思っています。


a0248710_11412430.jpg



乃し梅本舗 佐藤屋(本店)
山形市十日町3-10-36
023-622-3108
営業時間 8:30〜18:00
定休日 元旦のみ
[PR]
by misenazo | 2013-05-07 22:43 | 菓子
お菓子は日々進化しているなあ〜と感じた
ひとつのエピソードがあります。

みなさん、マカロンってお好きですか?

正直いうと私、
マカロンはちょっと苦手な部類でした。
見た目は華やかでかわいらしいけど
生ケーキや焼き菓子と違って
美味しさのポイントがイマイチわからないというか。
「これ、どこをどう味わえばいいのー???」みたいな。

初めて口にした時の印象がそうだったんです・・・。
当時(12年くらい前)はまだメジャーではなく
洋菓子店でも滅多に見かけることはなくて。
「甘い」「味にインパクトがない」というのが最初の印象です。
たぶん口が慣れていなかったのでしょうね。。

数年前くらいからですかね?
多くの店で見かけるようになりましたが
「あ〜あの感じですよね?」という先入観のせいもあって
自ら手に取ることはまずありませんでした。

ところがあるとき、
どこかのお店でたまったま口にしたマカロンが
意外と美味しくてビックリ。
中のクリームは濃厚だし、メレンゲの甘さも絶妙。
しかもそれらの一体感は今までにない味わいで
初めて、「あっ、マカロン美味しいっ!」と。

そりゃ10年も経てばお菓子も進化しますよね。
とにかく、マカロンは美味しくなっていた(!)。
遅ればせながら
ちまたのマカロンブームに納得したのでした。

ここ最近で「これは!!」と感激したのは
「ミキヤ洋菓子店」の「マカロン」です。

ピスタチオやミルクチョコなど
フレーバーは10種類くらいありますが、
生地の風味の豊かさとクリームのコクにやられます(!)。
きちんと素材の味がする、という感じ。

これ、おすすめです。


a0248710_1140825.jpg



ミキヤ洋菓子店
山形市東原町3-2-1
023-622-5732
営業時間 9:00~19:00
定休日 木曜
[PR]
by misenazo | 2013-05-05 22:56 | 菓子