人気ブログランキング |

ZERO23のコーナー 通称「店なぞ」には載っていないお話。


by misenazo

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ライターSについて

山形生まれの山形育ち。
現在は東京に住み
フリーランスで編集&ライターをしています。

約13年前、ご縁があって
創刊間もない「月刊山形ZERO23」に携わらせていただくことに。
それがライターSの始まりでした。

数年後、もっといろんな経験をせねば!と思い山形を離れ東京へ。
街のガイドブックなどを制作する
都内の編集プロダクションに在籍しました。

そこで未だに強く印象に残っているのが
思いがけず担当を任された
「東京」「神奈川」「埼玉」「名古屋」のケーキ屋さんの本制作です。
トータルで100軒近く回ったと思います。
特にケーキ好きだったわけではありませんが
この経験が、洋菓子に興味を持つきっかけになったことは確かです。
地域によっていろいろと驚きがありましたので・・・。(このお話はまた追々)
とにかく、本作りを通して
各地のお菓子に触れることができたのは
自身にとってとても貴重な経験となりました。

それから数年後、編プロを退社しフリーに。
それを機に再び「月刊山形ZERO23」に携わらせていただいています。

ご存知の通り
「私的個人興味新聞」にお菓子屋さんの登場が多いのは
上記の経験から
ど〜うしてもそちら系にアンテナが伸びてしまうからだと思われます。。

もし興味があるお菓子屋さん&お菓子の情報がありましたら
ぜひぜひお知らせくださいね☆

ライターS、取材に飛んで行きます!
by misenazo | 2012-01-02 11:04 | 自己紹介
このブログは
山形のタウン情報誌「月刊山形ZERO23」の中にある
『ライターSの私的個人興味新聞』というコーナーのおまけブログです。

そもそも『私的個人興味新聞』とは、
読んで字のごとく「私の個人的な興味の新聞」・・・。
普段ライターSが気になっているお店について
独自の目線で取材し、レポートしています。
ですので、後半になると
「私、すっごい気になるんですけど」というところが
ピックアップされていますので、
「ライターSはココに食いついたかあ」と思って
読んでいただければ幸いです。

お店についてですが
基本的にジャンルは問わず、、、なのですが
やはり自身の好きな分野(菓子店、パン屋、居酒屋)が圧倒的に多いです。
しかも、どちらかと言うと
イマドキ系のお店よりは昔ながら系のお店が多い・・・かな?
「ココ昔からあるけど、気になる」
「本誌の特集では行ったことがないけど、気になる」
「本誌の特集で行ったら、ますます気になった」
と思ったお店が中心なので、
必然的にそうなるのかもしれません。

さて、このブログでは
本誌の『私的個人興味新聞』には載せていない
ちょっとした取材の裏話、
また、取材はしていないけれど
個人的にお気に入りのお菓子やパンなどを紹介しています。

それでは、どうぞお楽しみください☆

a0248710_1031123.jpg

by misenazo | 2012-01-01 09:41 | 自己紹介
1、山形の帰省みやげといえば!

山形の人が子供の頃から慣れ親しんできたお菓子屋さんのひとつに「杵屋本店」があります。
お盆や正月、法事といった親戚が集まる場にはこちらのお菓子がよくお目見えしていた、なんて記憶ありませんか?
ライターSの実家では、親戚の集まりの際は、ほぼ登場していました。
化粧箱に詰められたたっくさんのお菓子。叔父、叔母の中にきっと熱心な杵屋ファンがいたのかもしれませんね。特に「リップルパイ」は確実に入っているお菓子のひとつでした。
大人になった今も、口にした瞬間すごーく懐かし〜気持ちになります。

a0248710_17341252.jpg


そんな杵屋本店、歴史を辿るとなんと創業200年。南陽市で開業し、現在10代目となる菅野高志社長がその暖簾を守っています。ほとんどが山形をモチーフにしたお菓子なので、帰省中の学生サンなどは山形みやげに!と大量買いする人も多いといいます。
バリエーション豊富な個装タイプのお菓子は、ひとつ100円前後から購入できるとあってちょっとした手みやげに最適。お子さんがいる家庭なら、クリームたっぷりのロールケーキ「極」もおすすめですヨ。

a0248710_17345893.jpg


そういえば、すっごく素朴なギモンなのですが。県内各地の店舗すべてになぜ「本店」が付いているのか気になりません…?
というわけで伺ったところ、社名自体が「杵屋本店」なので、どの店舗が本店ということではないとのこと。あっ、そういうことでしたか!

More
by misenazo | 2012-01-01 00:00 | 菓子

山形市「老舗 西谷」

1、食べ方はお好みで。西谷のアップルパイ♪

旅篭町にある1855年創業の「老舗 西谷」。コチラで有名なお菓子といえば、自家製アップルパイ。
販売から25年、頻繁に足を運んで来る常連客はもちろん、人から聞いて来たというお客さんもたくさんいます。取材中、某相撲部屋親方のスイーツ本にも取り上げられている、なんていう事実も判明。その人気は県内だけに止まらないということですネ。
そのまま食べるのもいいのですが、オーブンで温めればパイ生地がサクサクに、また時間を置いて食べるとしっとりデニッシュのような食感も楽しめます。

a0248710_142412.jpg


さてこちらのアップルパイのリンゴは山形産の「紅玉」のみを使用。店舗奥の工場で手作業で製造し毎日焼き上げています。リンゴの収穫時期になると、まず仕入れたリンゴは砂糖と一緒に煮込み、できあがった大量の具はそのまま缶詰に。これを次のリンゴ収穫時まで大切に使うのだとか。
パイを頬張るとジュワッとリンゴの旨味が口いっぱいに広がって…うわあ、美味!素朴ながらも奥深い味わいです。
ちなみに、毎朝オープン直後は、焼き立てのためビニール包装ではなく紙包装紙でくるんで販売中。ほんの〜りあったかいアップルパイはまた風味も格別デス!
ぜひ早起きして焼き立ての味、ゲットしてみません?

More
by misenazo | 2012-01-01 00:00 | 菓子
1、山寺に銘菓アリ! 本物志向の和菓子店

山形が誇る観光地 山寺にある老舗の和菓子店「菓子処 商正堂」。
こちらは昭和4年創業で、現在2代目のご主人佐藤恒男さんと奥さまのアキさんがお店を守っています。かつて天皇へ献上されたこともある銘菓「もろこし」(1枚80円~)の他、まんじゅうや金つばなど、ひとつづつ手作りで生み出されるお菓子はどれも確かな味わいばかり。山寺に来ると必ず足を運んで来るリピーターも少なくないのです。
さて、直径5cmほどの小さな「もろこし」は、「もろもろのお菓子の中で一番おいしい」という意味で名付けられたんですって。

a0248710_13394183.jpg


一見すると地味な干菓子ですが、実は製造時の気温や湿度にも左右されるほど繊細なお菓子なのだといいます。よく観光地などで見かける代物ですが、こちらのそれは100%小豆のみ使用。そのため、口で溶けた後、余計なものが一切口に残らないのです。
そんな「もろこし」、一体どんな風に作られているんでしょ?

More
by misenazo | 2012-01-01 00:00 | 菓子