ZERO23のコーナー 通称「店なぞ」には載っていないお話。


by misenazo

カテゴリ:菓子( 35 )

山形市「アントステラ」

山形駅併設のエスパル1Fにある
クッキー専門店「アントステラ」。

昔からあるお店だなあとは思っていたのですが、
なんと今年で21年目を迎えるとのこと!
想像以上にご長寿でした。

以前は3階フロアにありイートインもできる形でしたが
現在は1階のお土産売り場に移動し
量り売りを中心に営業しています。


さて、こちらのクッキーは
型を抜くタイプではなく、
手で形を整えて作るタイプのカントリークッキー。
なので、かなり、手作り感満載です。

お話をうかがうと、店の工房で
スタッフが生地を成型し焼き上げているのだとか。

ライターS、今までそんなにお店を
じ〜っくり覗いたことがなかったので、
その事実をこのたび初めて知りました。。
いつもお店周辺に
焼き立ての香ばしい香りが漂っているのは
そういうワケだったのですねー・・・。(汗)


クッキーはザクザクッとした食感と、
ちょっと大きめのサイズが特徴です。

気取らない雰囲気なので
自分用はもちろん、気軽な手土産にもピッタリ!

価格は100g486円という設定ですが(100gは約6〜7枚に相当)
「コレとコレを○枚ください」という枚数単位での注文もOKですよ。

常時16〜20種あるクッキーは
とにかく彩り豊か!

特にぐるぐる渦巻きのクッキーなんて
絵本にでも出てくるようなビジュアルで。
見ているだけで楽しい気分になります。

ライターSのお気に入りは
冬期限定のチョコクッキー「チョコキューブ」。

a0248710_12153913.jpg


他のクッキーとはちょっと違う
ホロリとした口当たりと、
濃厚なチョコレートの味わいがツボでした☆


そろそろクリスマスのシーズン。
大人数が集まるシチュエーションも増えると思います。

こんなバリエーション豊かなクッキーを持ち込んだら
きっと場も華やぐはず。

ぜひ、チェックしてみてくださいねー。


a0248710_12194612.jpg




アントステラ山形エスパル店
山形市香澄町1-1-1 エスパル山形店 1F
023-628-1266
営業時間 9:00〜20:00
定休日 エスパル山形店に準じる
HP http://www.auntstella.co.jp
by misenazo | 2014-11-29 22:13 | 菓子

柳月

いただいた時に、
とっってもテンションがあがるおみやげ(差し入れ)ってありませんか?



ライターSは・・・バームクーヘン、です。



出張みやげ、旅行みやげ、といろいろいただくことがありますが
バームクーヘンだったら
間違いなく、うれしいです(!)。


見た目はとても地味ですが
なにか底知れない美味しさを秘めている感じ・・・。



先日、北海道へ行ってきたS氏が
「ほーい、おみやげ☆」
とくれたのが、こちら。


a0248710_172530100.jpg



北海道の有名店「柳月」の「三方六」です。


うわっ、ウレシイ!!
一度食べてみたかったのデス。




早速箱を開けると、
中には10切れにカットされた扇形のバームクーヘンが。

説明書きには
『白樺の木肌を
ミルクチョコレートとホワイトチョコレートで表現した
北海道銘菓です。
十勝産100%の小麦粉をはじめ
北海道産のバター・砂糖・卵を使った本物の味わい。』
と。


a0248710_17301438.jpg



あっ・・・ほんと、白樺っぽい。




a0248710_17325338.jpg



いただいてみると、
しっとり系で、口どけがいい生地です。
これは美味しい〜。

チョコレートが合わさって
ちょっとこってり感のあるバームクーヘンが楽しめました。


一切れがが可愛らしいサイズなので
ついもう一個、もう一個、と食べてしまいそうになる!




素敵な深夜12時のおやつ(作業しながら・・・)でございました、

ごちそうさまでした!



柳月
http://www.ryugetsu.co.jp
by misenazo | 2014-06-04 22:12 | 菓子
最後は「三鴻深瀬」です。

七日町の昔ながらの和洋菓子店、
ご存知の方も多いですよね。

洋菓子部門でいうと
「バナナボート」や「鍋焼きプリン」といった
ロングセラー商品を筆頭に、
懐かしい雰囲気のケーキや焼き菓子が
たくさん揃っています。

ついケーキ類に目を奪われがちですが
シュー生地にその場でクリームを詰めてくれる
「窯出しシュークリーム」(108円)も
実は、密かな売れ筋アイテム。
早いときは
午前中には売切れになってしまうこともあるくらいです。


特筆すべきはこのシュー生地。
なんと約1時間かけてじ〜っくり焼き上げているそう。
カリカリッとした軽快な歯ごたえで
薄焼きクッキーみたいな感じです。
これだけでもオイシイ☆

そして、中のクリームも、独特です。

口にしたとき、
「柑橘系?の風味がするー」と感じ
ご主人に尋ねると
オレンジリキュールを少し忍ばせているとのこと。

まろやかさの中に、
爽やかさがフワフワ〜っと漂います。

最近では見かけない味わいで
なんだか懐かしい気分になりました。


ちょっぴり甘めで、
でも、後味はサッパリとした
ミルク感の濃いクリームと、
このカリカリ食感のシュー生地、
相性抜群ですね。


これは、手みやげにもおすすめですよ!


a0248710_10293741.jpg




三鴻深瀬
山形市七日町5-9-15
023-631-2545
営業時間 8:30~19:00
定休日 不定休
by misenazo | 2014-05-12 22:02 | 菓子

山形市「菓房タカハシ」

名前やパッケージ(包装)からは
想像もつかないお菓子ってありますよね。


先日、出先でお茶菓子にといただいたのが
「菓房タカハシ」の「季節おり(ときおり)」。


a0248710_16241418.jpg


上品なパッケージ。
見た感じ、和菓子ですよね。


「おまんじゅう?」と思って
包装紙の原料名を見ると、「チーズ」の文字が。

チーズ・・・?
洋風?

でも、白あんという記載もあるので・・・
和洋折衷のお菓子かしら。


包みを開くと、あ〜やっぱり!

想像していた通り、「東京ひよこ」みたいな感じの生地の
焼き菓子が現れました。

a0248710_162934100.jpg



生地がチーズ味なのか、
中身の餡にチーズが混ざっているのかしら・・・?
なんて思いつつパクリ。

「おおっ!」

a0248710_16313411.jpg



まさかの、中身!

プロセスチーズ的な固めのチーズが
そのまんま入っていました☆

ほのかに甘いチーズは
しっかりとしたその食感がいいカンジです。

チーズのコクが甘い生地とマッチして
意外なおいしさでした。


そんなわけで、
その場にいた人たちともお話が弾み
ちょっと楽しい気分になったおやつタイムでした♪


パッケージを見ただけではわからないお菓子って
これだからおもしろいんですよネ。






菓房タカハシ
山形市江俣2-12-8
023-684-1284
営業時間 9:00~19:00
定休日 無休
by misenazo | 2014-03-04 22:18 | 菓子

「赤坂トップス」

入稿前は原稿作成や編集作業でバタバタの日々が続きます。

机上には資料やノートが山積みになり、
このエリアにはアノ資料、このエリアにはアノ資料と
一応、棲み分け(?)をしているのですが
あんまり関係なくて、
「あーアレどこいったっけ・・・?」とワサワサと探すということを
毎度繰り返しております・・・。

ということで、
一日ずうっと座りっぱなしの状態ですが、
脳だけは休むことなくフル稼働。

この時期はですね、
お腹空いた・・・というより
脳に糖分欲しい・・・という感覚になります。。


そんなライターSの様子を察したお助けマンが
素敵な差し入れを!

赤坂トップスの「ブラックチョコレートケーキ(S)」です。

きゃ〜、チョコレート!大好き!!


赤坂トップスといえばスタンダードな「チョコレートケーキ」は
あまりにも有名ですね。

今回いただいたこちらは、
ビターなココアパウダーと
ダークチョコレートクリームがコーティングされた
大人味のタイプみたいです。


ライターS、実はトップスのケーキ自体初めてです。


a0248710_11462766.jpg



期待に胸を膨らませ早速いただきました。


あー、優しい甘さが脳に染み渡る〜。しあわせ・・・。

とっても風味豊かなチョコレートクリームは
くどい甘さはなく、上品な味わい。
やっぱり・・・噂通りのおいしさデスネ。

少し心に余裕ができたところで
ケーキを観察してみると・・・
チョコレートクリームが案外たっぷりで
層を見ると、チョコレートスポンジの割合とほぼ同じくらい。
クリームとスポンジが一緒になって口で溶けていきます。

そして、ポイントは大粒のレーズンかしら。
とても存在感があります。
クリームの中にゴロゴロと贅沢に。
チョコレート尽しなのに口飽きしないのは
このレーズンのおかげですねー。

よおしっ、またガンバロウ!!
と、やる気が復活しました。


残念ながら「チョコレートケーキ」などの生ケーキの通販は
やっていないようですが、
他の商品はお取り寄せできるみたいです。

「チョコレートケーキ」は
もしどこかで見かけたら、ぜひお試しを!


a0248710_11531035.jpg




赤坂トップス
http://www.akasaka-tops.co.jp/
by misenazo | 2014-02-07 23:10 | 菓子

「成城アルプス」

手みやげといえば焼き菓子というパターンは多いですよね。

とはいえ、どこのお店でも変わりないような、
これといって特徴のないモノを渡すのも面白くないし・・・。
できれば、
飛び上がるくらいおいしいお菓子をお渡ししたい!

と、思ってしまいます。

そんな私が
ひと味惚れ(?)してしまった焼き菓子があります。
偶然口にし「これは(おいしすぎる)・・・!」と大感激し
以来手みやげご用達に。


東京・成城にある「成城アルプス」の「コキラージュ」(1個180円)です。
(山形のお店じゃなくてすみません。こちらはまた追々・・・)

今のところ一番利用頻度が高いかも?しれません。
仕事はもちろんプライベートでの手みやげにも
よく利用させていただいているもので・・・。


これは、どちらにお渡ししても必ずっっ、喜ばれます!
後日わざわざ電話をいただき
「おみやげのお菓子がおいしかった」と
御礼を言われたこともありました。


どういうお菓子かと言うと、
見た感じはマドレーヌのよう。
(でも他に「マドレーヌ」と銘打った商品もあるので、
見た目は似ていますが、全く別物のようです)
クラシックな感じがまた心惹かれるポイントです。


まず、袋を開けると甘く芳醇な香りがふわっ〜。

たっぷりとバターを使っているのでしょうね。
ひと目で贅沢な味が想像できるくらい
見事な艶感のある生地です。

口にすると、想像以上に濃厚。

アーモンドの香りと、バニラビーンズの風味が満載で
とってもコクがあるんです・・・。

あまりにリッチな味わいに、
少し黙ってその余韻に浸りたくなります。


東京のお菓子なんていうと
高いわりに「ちっちゃ!!」と
驚いてしまうことも少なからずありますが(!)、
こちらはひとつが結構大きいサイズなので
ひとつで十分満足。
食べた後、しばらく幸福感に包まれます。


山形で購入の場合は
お店のHPから、お取り寄せ(FAXで注文)などもできるようです。


焼き菓子好きの方は、ぜひ一度お試しいただきたいですね。


a0248710_1545119.jpg



成城アルプス
http://www.seijo-alpes.com/
by misenazo | 2014-01-24 22:04 | 菓子

上山市「十五屋本店」

どんなお菓子なのかわからないけれど
ネーミングに惹かれてつい手に取ってしまう・・・
ということが、よく、あります。

もちろんアタリ、ハズレはありますが
まあ、それはそれでいいんです。
新たな発見にもなりますし☆


先日、上山温泉付近を通りかかった時
たまたま見かけて立ち寄った「十五屋本店」。

じつは訪問したのは初めてです。
老舗の和菓子屋さんということで
和菓子一色なのかと思いきや、
店内には、洋菓子や焼き菓子も。

「へえ〜」と思い眺めていたところ
とあるお菓子の前で足が止まりました。


a0248710_11593796.jpg



エッ、「とれびあん」!?


フランス語で「すばらしい!」みたいな意味ですよね?
でも平仮名だし・・・和菓子?


が、中身を知ろうにも、
銀紙の袋に入っていて、皆目見当もつきません。


いつもなら、お店の方にどういうお菓子か尋ねて
興味があれば買うのですが、
この時ばかりは、もう内容が気になりすぎて
(というか、あえて前情報なしに見てみたいと思った)
なにも聞かずに購入しました。


「とれびあん」だけに
あんこを使っているのかしらね、などと勝手に予想して
開封するまでワクワクでした。


帰宅後、さっそくオープン。
(ここでパッケージの原材料名を見て、
初めてあんこものではないことに気付く・・・)


袋をのぞくと、
クッキーにクリームがサンドされた
超シンプルな焼き菓子がお目見えしました。

そして、ふわ〜んと甘〜い香り。

口にすると、とっても懐かしい味がします。
(懐かしいというか・・・昭和のお菓子という感じ)

ソフトクッキーとバタークリームのコラボ。
甘くて本当に飾り気のない味わいは、今どき珍しいくらい!
最近の味に慣れてしまっている私としては
逆に、新鮮でした。


よく知っているお菓子もいいですが
こういう冒険的な出会いも
やっぱり面白いものだなーと、改めて感じたひとときでした。


a0248710_12241165.jpg



十五屋本店
山形県上山市十日町1-13
023-672-0169
9:00~21:00
第1・3火曜日
by misenazo | 2014-01-09 22:57 | 菓子
スポンジケーキみたいなものが食べたいけど
カステラほどこってりした甘さは求めていない!
という気分の時が、たま〜にあるのですが。(めんどくさい・・・)

そんな時に、コレをみつけるとちょっと嬉しい。
「シフォンケーキ」です。


先日もこんな気分の時に
たまたま天童市の「kanzakiya」の近くを通りかかり、
ついついお店へ・・・。

こちら、もともとは和菓子屋さんでしたが、
数年前に東京で修業をされていた息子さんが戻られて
同店舗内で洋菓子中心の「kanzakiya」をスタート。
ショーケースにはロールケーキ、ショートケーキ、プリン、マカロンなど
種類こそ多くはありませんが、
丁寧に作っているのがわかる、シンプルで可愛らしいお菓子が並びます。

「シフォンケーキ」は密かな人気だそうで
ファンは結構いるようです。

きめ細かな生地は、
ふわふわっと軽いけれど弾力もある、独特の食感。

また、ほんのりとした甘さが丁度よくて。
一度食べ始めたら最後まで止まらなくなります。

おやつタイムにはもちろんなのですが
私は、飲み過ぎた翌朝あたりにも
これなら絶対食べられそう、と思っています(!)。


この時は「イチジク」(季節限定?)を購入。
生地には小さな果肉が入っていて、
イチジクの食感と風味が楽します。

あと、定番の「メープル」も。
優しい味わいで、気持ちが安心しますね。
紅茶との相性もよし、です。


久々にいただきましたが、
シフォンケーキの弾力と素朴な甘さって、
クセになりますね。
当分シフォンケーキ熱が続きそうデス・・・。


a0248710_13254327.jpg



Kanzakiya
天童市三日町2-4-12
023-653-2150
営業時間 9:30〜19:00
定休日 火曜
by misenazo | 2014-01-06 22:10 | 菓子

「新宿高野」

またまた有名どころのお菓子ネタです。

「新宿高野」といえば、
誰もが知る老舗のフルーツパーラー。
デパ地下ではおなじみのお店です。
ショーケースには彩り豊かなフルーツのケーキがズラリと並んでいて。
買わないのに(!)、つい足を止めて見入ってしまいます・・・。
(なにせお高いので、何かの時にしか買えません。。)

そんな豪華なフルーツケーキのイメージが強い「新宿高野」ですが、
見た目がと〜っても地味な「ブランデーケーキ」が
なんとも衝撃的なイッピンだったのです。

家族が知人からいただいたこちらの「ブランデーケーキ」。
ミニサイズバージョンで
フレーバーは「チョコレート」と「紅茶」でした。

で、何が衝撃的だったかというと、
“本気のブランデーケーキ”だったところ。
「ブランデーにケーキが浸かっているんじゃないか?」というくらい
ブランデーがメインのケーキなのです。

フォークを入れた時点でジュワッとお酒が溢れてくるような感じで、
「なにこれっ!!(喜)」と
しょっぱなからテンションアップでした。
食べてみるとやはり、
ブランデーを口に含んでケーキを口にした、くらい
アルコールの存在感があります。(特に紅茶の方が強く感じます)

お酒とケーキ生地の一体感はさすがでした。
アルコールと生地の風味(チョコ、紅茶)が見事に調和するのです。

まさに、大人のケーキですね。

ただ、お酒好きのライターSは大感激だったのですが、
ブランデーが苦手な家族は
残念ながらひとくちでギブでした。
お酒が飲めない方&子どもはたぶんムリだと思われます・・・。

今までいろんなブランデーケーキを口にしましたが
ここまでがっつりとアルコールの利いたケーキは、初めてです。

山形で入手するとしたら、
「新宿高野」の注文専用TEL/FAXがありましたのでそちらへ。

お酒好きな人(男女問わず)に贈るお菓子としては
最高なんじゃないかと思います☆(衝撃もスゴイはず)

a0248710_1285100.jpg



新宿高野
http://takano.jp/
0120-15-8818-8807(注文受付TEL)
by misenazo | 2013-12-18 23:10 | 菓子

「横濱フランセ」

「よく見かけるけど、そういえば食べたことないなあ」
っていうお菓子が結構あります。

特に量産のお菓子だと、アタリ、ハズレもあるだろうし
気軽に手が出せなかったりして。

私の場合、
全国展開している老舗「横濱フランセ」の「ミルフィユ」がそれでした。

都内のデパ地下や東京駅などでよく目にしてはいたのです。
が、なかなか手に取るまでには・・・。


それが先日、たまたまいただく機会がありまして。
ひとくち食べて
今まで買わなかったことを後悔しました!

ロングセラーの理由がわかります、これは。

サクサクッとしたパイ生地、
風味のいいクリーム、
そして、濃厚なチョコレート(くちどけもいい!!)。
それらのハーモニーがまた絶妙なんです。

クリームとコーティングするチョコレートの組み合わせで
「チョコレートクリーム×スイートチョコ」のショコラ、
「ヘーゼルナッツクリーム×ホワイトチョコ」のジャンドゥーヤ、
「キャラメル×ミルクチョコ」のキャラメル
と3つの味があります。


で、調べたところ、
山形では大沼本店の地下食品売り場に
ショップがありました。(意外と身近なところにあったのね。。)

ひとくちサイズで食べやすく
味わいも、とても上品。

手みやげに、オススメですよ。

a0248710_12502074.jpg


a0248710_12554591.jpg



横濱フランセ
http://www.francais.co.jp/index.htm
by misenazo | 2013-12-15 22:45 | 菓子