ZERO23のコーナー 通称「店なぞ」には載っていないお話。


by misenazo

カテゴリ:未分類( 6 )

天童市「日東ベスト」

季節はすっかり秋ですね。

こう涼しくなると、
なんとな〜く
クリーム系のお菓子が恋しくなるものです。

そんなときにぴったりなのが
こちらのおやつ!


ほどよく濃厚で、
でも後味はサッパリの
「チーズクリームクレープ」(1箱8個入583円)です。


a0248710_1241837.jpg



・・・懐かしくないですか?
このパッケージ。


山形県の小中学校出身の人ならきっとわかるはず。

そう、
給食の「クレープアイス」です!

凍ったフルーツよりも
嬉しかったなあ・・・。


薄焼き卵みたいなシナッとした皮、
ムニュッと出てくる甘酸っぱいクリーム。
レアチーズケーキのような爽やかな風味が
他のおやつでは味わえない味で、
大〜好きでした。


そんな「クレープアイス」、
実は天童市の食品会社、日東ベスト(株)で作られている
商品だったんです。

30年以上前に給食用メニューとして開発され、
以来全国各地の給食ご用達デザートに。

現在も全国の学校で提供されているそうです。


たくさんの人に愛されている「クレープアイス」が
まさかの山形生まれだったとは
ビックリですよね。


さてさて、
「また食べてみたいなあ〜」と思っている方。

こちら、日東ベストのHPからのお取り寄せの他、
本社売店で直売もしています。

日東ベストの方のお話によると、
他県から売店に買いに来たという
熱烈なクレープアイスファンもいたそうですよ。
(やはり給食で食べていたらしい)


子どもの頃の記憶って、
若干美化されて心に残るものです。

というわけで・・・
あの頃の「感激のおいしさ」は
果たして大人になったいまはどうだろう??

・・・と思って口にしましたが、

やはり、いまでも相当おいしいものでした(!)。


兄弟姉妹や
同世代のお友達と一緒に食べたら
「わー懐かし〜〜」って
場が盛り上がりそう。

気になる方は
ぜひチェックしてみてください!



日東ベスト株式会社
寒河江市幸町4-27
0237-86-2100
売店営業時間 8:00~17:00
休業日 祝日、お盆期間、年末年始 
HP http://www.nittobest.co.jp
[PR]
by misenazo | 2015-09-22 21:34
ZERO23 5月号でご紹介しているのが
こちら!


a0248710_12322682.jpg



フランス料理とお菓子 クロ・ド・シャルムさんの
「コンテス プレーン・ショコラ」(¥2,300/直径15cm)です。

フランスやベルギーなど各国で修業を積んできた
オーナーシェフ阿部さんの自信作。

オンラインショップには
いろんなケーキが載っていますが、
こちらはダントツの人気だとか。


実は私、だいぶ昔から
いろんな場所でその評判は耳にしていたんです。

とっても濃厚でリッチなチョコレートケーキだと。



さて、実際はどうだったのでしょう?


ハイ、
本当にその期待を裏切らない味わいでした・・・☆


a0248710_12343914.jpg



外側はサクッとした焼きチョコレート風?の生地で、
中はまったり濃厚なチョコレートケーキになっています。

材料は、南アフリカ産ブラックチョコレート、北海道産バター、
国産鶏卵、小麦粉、水と極シンプルで
保存料や添加物は一切加えていません。


なので、チョコレートと芳醇な薫りと
バターの風味がダイレクトに伝わる感じ!


食べ方は
食す3〜4時間前に冷蔵庫から常温に戻し、
生地が半熟状に(柔らかく)なったら食べごろだそう。

夏場は割とすぐに柔らかくなりますが
冬場はなかなかそうもいきません。

まだ固い場合は
電子レンジで7〜10秒ほど温めれば、
“外はサックリ、中はトロリ”の最もおいしい状態になります。

個人的には、
室温で柔らかくなってから
さらに、レンジでチョコレートが流れ出すくらい
温めていただくのが好きです。(フォンダンショコラ風に)


a0248710_12352370.jpg



よりチョコレートのなめらかさ、きめ細かさが
わかります!

このトロけた時の舌触りや風味の良さが
こちらの醍醐味なので、
ぜひぜひ、温めてみてください♪



チョコレート好きな方への贈り物や
間近に迫った母の日のギフトにも
もってこいだと思いますよ☆




フランス料理&お菓子 クロ・ド・シャルム
山形市飯田3-7-52
023-626-3788
営業時間 11:30〜14:00(L.O.)、17:30〜20:00(L.O.)※ランチ、ディナー共に完全予約制
定休日 月曜
★お取り寄せはこちらから★
HP http://c-charme.jp 
[PR]
by misenazo | 2015-05-03 21:52

山形市「KONi KONi」

かき氷が恋しい季節ですねえ。

というわけで、かき氷のご紹介を。


山形市江俣にある
「cafe&selectshop KONi KONi」。

7月号の「私的個人興味新聞」でも紹介していますが
こちらのかき氷はインパクト大です。


a0248710_12383319.jpg



「イチゴ」「パイン」「キウイ」などのフルーツ系は
新鮮な果物を丸ごと使った自家製シロップ仕立て。

果肉感のあるソースの
濃厚&フルーティさにびっくりします。

また、氷のふわふわっと雪綿のような口溶けも
感激ものですよ。



九州直送のあまおうを使った「イチゴ」(800円)は特に人気。


そのままの爽やかな感じもいいですが
練乳がけ(+50円)にすると濃密でさらに美味です。


この夏、ぜひ一度味わってみてください☆




cafe&selectshop KONi KONi(コニコニ)
山形市江俣5-2-36 2F
023-681-8122
営業時間 10:00〜18:00
定休日 月曜日
P あり(店舗前と建物裏にあり。わからない場合はお問い合わせを)
HP http://iriyama0302.wix.com/konikoni 
[PR]
by misenazo | 2014-08-12 23:35

山形市「MELS」

ZERO23 8月号特集の
「女ひとり呑み酒場案内in七日町」でおじゃました
ダイニングバー「MELS」。

パリのカフェをイメージしたという店内は
ピンクと黒を基調としていて、
可愛いけどカッコイイ雰囲気です。

料理は、チーズやアボカドを使ったものなど
女性ウケしそうなメニューがたくさん揃っていて
女子会にもよさそう。


・・・といろいろ気になったので
取材後早速、ひとりで飲みに行きました。

もちろん、誌面でおすすめしているカウンター席(!)。


カクテルも気になりましたが、
焼酎大好きなライターSの目に止まったのは・・・
「自家製コーヒー焼酎」の文字でした。

興味シンシンでオーダーしました、ロックで。



a0248710_1254073.jpg




アイスコーヒー的な味わいと香りの、焼酎!

斬新!!

これ、コーヒー好きにはたまらないです。


ほろりと苦いコーヒー豆の風味がしっかり活きていて。

焼酎のアルコール感が
コーヒーの香ばしさを際立たせているような感じ。



最初は結構ガツンときますが、だんだん氷が溶けてイイ感じに。

水割りよりロックの方が
コーヒー風味を濃厚に感じることができるのでおすすめですね。




お店の方とおしゃべりに夢中になっていたら
気がつけば周りは女性客でいっぱいでした。


バーというと
「女ひとりではハードルが高い」と思われがちですが、
女性客が多いと
ひとりで飲んでいてもあまり抵抗がないですね。


それにしても、好みのお酒に出会えました♪

これを目当てに
またおじゃまする確率100%です。





MELS 
山形市七日町2-7-38 カジュアルSプラザ 1-B
023-664-1176
営業時間 18:30〜翌1:30
定休日 水曜
[PR]
by misenazo | 2014-08-06 22:20
帰京の際、自分みやげ(おやつ)として
購入するのが定番になっているお菓子があります。
「杵屋本店」の「出羽の夕月」です。


ソフトクッキー生地で
スライスのバウムクーヘンとクリームをサンドした
ちょっとおもしろい構造。
よくこんな組み合わせを思いついたなー。

サックリというかしっとりというか
独特の食感も、好きです。


「チョコクリーム」(赤いパッケージ)と
「バニラクリーム」(紫パッケージ)がありますが、
私は洋酒の風味がより感じられる「チョコ」の方が好み。

包装が和菓子風なので
パッと見、勘違いしてしまいそうですが
洋菓子ですよ。

今回、久しぶりに口にしましたが
やっぱりおいしー♪

作業疲れが一気に吹き飛びます。


a0248710_13263585.jpg



杵屋本店(店舗は県内に多数あり)
上山市弁天2-3-12(本社)
023-673-5444(代表)
営業時間 9:00〜19:00(※店舗により異なります)
定休日 年中無休
HP http://www.kineya.co.jp/
[PR]
by misenazo | 2013-12-11 21:53
お団子なんてどのお店でもそんなに大差ない、という
概念を大きく覆したお団子があります!

大石田町にある「最上川 千本だんご」のお団子です。

数年前、大石田方面へ出かけた家族が
おみやげにと買ってきてくれたのが最初の出会いでした。


素材の味が活きた&たっぷり盛られた“あん”、
そしてお団子の柔らかさに感激し、以来大ファンに。
取材やプライベートで村山方面へ行ったときには
必ず立ち寄ってしまいます。

一日に千本売れるお団子ということで
この名前がついたそうです。
添加物は一切加えていないので
当日はとっても柔らかいのですが、次の日には固くなってしまう。
それが、「本物」といわれるゆえんです。


先日大石田まで行く機会があり
久しぶりにお店へ。

夕方でしたが、やはり大盛況。
次々とお客さんがやってきてレジの前には行列が。

「20本」とか「30本」という
大量注文の声も聞こえてきて
内心「目の前で売り切れたらどうしよう〜」と心配になりました。


並ぶこと数分、
無事に念願の「ずんだん」「くるみ」「ごま」をゲットし
ご満悦で帰路につきました。


自宅で包みを出すと、
家族みんな、「ヤッタ!」みたいな表情。

パクリとひとくち。
相変わらずのモチモチ具合。
そしてた〜っぷり盛られた「ずんだん」は
枝豆100%なだけあって、とっても風味豊かです。
甘みと旨味満載で、これは本当に枝豆そのもの、ですね。

同様に「くるみ」も「ごま」も、
コクがあって(味が濃厚で)最高〜!

「やっぱりずんだん!」「私くるみ!」「ごまも美味しいよ」って
それぞれの好みを言い合うのも
また楽しかったりします。


というわけでライターS家、
お団子片手に
かなりテンションアップなひとときを過ごさせていただきました。


次にお目にかかれるのはいつになるのかなあ。


a0248710_13385120.jpg




最上川 千本だんご
山形県北村山郡大石田町大字大石田乙76
0237-35-2312
営業時間 8:30~17:30
無休
[PR]
by misenazo | 2013-10-14 22:23